Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tofix38x/coreypatrickdunlap.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

VIO脱毛って効果あり?メリットデメリットは?

vio脱毛

脱毛部位の中でも人気があるのが、VIO脱毛です。今はアンダーヘアをお手入れするというのが自然な流れになってきていますし、お手入れをしてあると男性からも好感をもたれます。

でもデリケートな部位の脱毛だけに、「やってみたいけれど、恥ずかしい」「脱毛したら男性にどう思われるのか不安だ」という女性も少なくはありません。実際にはVIO脱毛にはどういったメリット、デメリットがあるのでしょうか。

VIO脱毛のメリットやデメリット

VIOというのは自己処理ではお手入れが難しいパーツです。毛が太く毛根が深いですし、肌もデリケートなのでやり方を間違えると肌トラブルが起こりやすいのです。

毛抜きで抜くにはかなりの痛みが伴いますし、カミソリで剃るとその後生えてきた毛が刺さって痛いなどのトラブルが起こります。

自己処理がうまくできずに放置しているという人も少なくはありません。また雑菌の繁殖などから自己処理後に毛穴に炎症が起こるようなこともあります。

そんなお手入れが難しい部位なのですが、ほっておくと下着や水着からはみ出てしまったり、毛深いことが気になって温泉に行けないなどの悩みもつきものです。

VIO脱毛は自己処理をするのが苦手だけれど、無駄毛を何とかしたいという女性にVIO脱毛は選ばれています。毛が太く濃い部分なのですがその分早くに効果も感じられやすく、脱毛をするごとに毛が細くなり自己処理も簡単になっていきます。女性自身の満足感がとても高い脱毛です。

VIO脱毛では、まず最初にどこまで毛を脱毛するかを決めておく必要があります。完全に無駄毛をなくすのはハイジニーナ脱毛と言います。毛がなくなることで雑菌が繁殖しにくくなり、皮膚トラブルが起こりにくくなる、おりものが減るなどのメリットを感じられる人もいます。

見た目にもすっきりしていますので、下着や水着から毛がはみ出す心配もゼロです。ですが日本ではまだあまりハイジニーナは浸透していないため、温泉に行った時やパートナーに驚かれる可能性も高いです。医療脱毛をしてしまうとほとんど生えてこなくなってしまいますので、ハイジニーナにする時には「本当にそれでいいのか」自分の考えを改めて見直す必要もあります。

迷いがまだあるのなら最初から思い切って全てをつるつるに脱毛してしまうよりも、段階的に減らすほうが間違いがありません。

また、それまで肌を守っていた毛が全てなくなると、脱毛が原因で下着の摩擦トラブル、いつもは毛で隠れていた部分の黒ずみが気になることもあります。肌が弱く心配があるという人は一度自己処理で全て剃ってみて、大丈夫かどうかも確認しておくべきですね。

VIO脱毛では、IOラインは全て脱毛してVラインは整えるだけという女性がたくさんいます。IOラインは日頃のお手入れでも自己処理が大変なので、脱毛をするとかなりお手入れが楽になります。

Vラインは今生えている状態よりも、三角部分を小さくする、または楕円など形を変える脱毛が人気です。単純に脱毛をするというだけではなく、デザインを意識して脱毛をする女性が多いのです。

Vラインを全て脱毛してしまうとデリケートゾーンが見えすぎてしまうというデメリットがあります。温泉によく行く人だと、他人の目が気になるかも知れません。また男性によっては毛がないということに抵抗を感じる人もいます。

整えて清潔感がある脱毛は良くても、ハイジニーナは男性は賛否両論なのです。ですから人によってはVラインはある程度、毛を残したほうが見た目にもキレイですしきちんとお手入れしている感じが出ます。

自分がよく履く下着からはみ出さなければ問題がないのか、それよりもっと三角部分を小さくするのかは好みの問題です。一度希望の形にVラインを整えてみて、鏡などで確認して決めると良いですね。迷っているうちはあまり思い切って脱毛しないほうが失敗がありません。

VIO脱毛は毛が黒くて太いこともあり、脱毛の時にかなり痛みが強く感じられます。人によっては、摩擦などで肌が黒ずんでしまっていることもあります。また乾燥してお肌がカサカサ、と言う人も痛みを感じやすいです。

肌がデリケートなので痛みに弱いという人は、効果の高い医療脱毛よりもフラッシュ脱毛のほうが良いでしょう。フラッシュ脱毛だと時間はかかりますが、医療脱毛よりも痛みが少ないので根気良く続けることが出来ます。

ただフラッシュ脱毛の場合、完全に毛がない状態に持っていくには時間が掛かります。時間が経つと細かい毛が生えてきてしまいますので、つるつるのハイジニーナが希望なら医療脱毛のほうが良いのです。

脱毛の痛み自体は回数を経るごとに、毛が細く弱っていくので少しずつマシになります。脱毛期間中はしっかりとスキンケアをして、お肌の調子を整えておきましょう。

乾燥して黒ずんでいると脱毛完了まで時間がかかりますので、デリケートゾーン用の美白美容液などを使うのも良いですね。あまり肌の調子が良くないと施術を断られることもあります。黒ずみもどの程度までなら大丈夫なのかは最初に確認しておきましょう。

デリケートゾーンなので脱毛の時に恥ずかしいなと感じる人は多いです。VIO脱毛では通常、紙のショーツなどを着用して照射部位だけを露出させます。最初は恥ずかしいですが、回数重ねるごとにあまり気にならなくはなります。

それでもやはりデリケートゾーンだから早く脱毛完了したいのなら医療脱毛で、痛みは仕方ないこととガマンして照射してもらうほうが良いですね。

クリニックによっては塗る麻酔なども使えますので、どうしても痛いのは避けたいという場合はあらかじめ麻酔などの使用が可能か確認してみて下さい。麻酔は完全に痛みがなくなるわけではなく、個人差もありますので、キレイになるためには多少の痛みをガマンすることも必要です。

VIO脱毛どこですればいいの?

メリットとデメリットが理解できた上で、VIO脱毛をどこで施術するか迷った場合にはどうしたら良いのでしょうか。

一般的にはVIO脱毛では3つのパーツに分れていますが、サロンやクリニックによっては3つ以上のパーツに分類されていることもあります。
特にVラインというのはサロンやクリニックそれぞれの定義があり、毛深くて広い範囲にヘアが生えている場合、Vラインだけでは脱毛しきれないこともあるのです。

へそ下、おなか、背中などのパーツまでお手入れする必要があることもありますので、単純に料金で比較するだけではなくどの範囲までの脱毛ができるのかをチェックしておかなくてはいけません。

それほどアンダーヘアが毛深くないのなら気にすることはないのですが、毛深い人の場合には自分のアンダーヘアがどの部位のお手入れで脱毛できるのかは最初に確認しておいて下さい。

また脱毛の時に心配なのが、自己処理の剃り残しです。Vラインは目で見えるので良いのですが、IOラインというのは自分では見えづらいです。

平らなパーツではないので自己処理が難しいです。カミソリだとケガや肌トラブルの元になりますので、眉切りハサミなど小さいハサミで短くアンダーヘアをカットしてから電気シェーバーを使ってお手入れをします。

それでもうっかり剃り残していると、施術を断られたりシェービング代がかかることもあります。IOラインは特に剃り残しやすいので、剃り残し分はサービスでシェービングしてもらえるサロンも中にはあります。

基本料金が安くても毎回シェービング代が取られては意味がありません。余計な費用がかからないかのチェックも忘れないようにしたいですね。

SNSでもご購読できます。