Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/tofix38x/coreypatrickdunlap.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

少しの心がけで効果をアップできる脱毛

心がけ

脱毛は1年、2年と長い期間かけて繰り返し施術を行うことによって、少しずつ量が減ってきたという変化を実感できるようになるものです。

施術を受けている間をどう過ごすかによっても効果の表れかたにも違いが出てきますので、できるだけ早く満足のいく状態にするためにも意識をしてきたいポイントがあります。

まず、施術を受ける際には予約を取りやすい脱毛サロンやクリニックを選ぶことがおすすめされますが、コンスタントに施術を繰り返していくことが、最短で脱毛を終わらせるために大切なことだからというのがその理由です。

毛根への熱ダメージによって脱毛効果を得る光やレーザーは、成長途中にある伸びかけのムダ毛にだけ作用をするという性質があります。

そのため、脱毛をしたい施術範囲のムダ毛に対して満遍なく働きかけられるように2ヶ月、もしくは3ヶ月に1回という一定の間隔を空けて照射を繰り返していくのです。

これにより、どのムダ毛にも成長期のタイミングで毛根にダメージを与えられるように調整しています。

ですが、せっかくのこのタイミングがズレてきてしまうと、施術時が成長期に当たらなかったムダ毛には長期間働きかけられないことになり、どんどん生え続けることになります。

結果、ムダ毛が満遍なく生えてこなくなるまでに相当の時間がかかってしまうことになるのです。

だからこそ大切になってくるのが、予定通りに施術を受けられる予約が取りやすい脱毛サロンやクリニックを見つけることになります。

実際に通いたい施設のスタッフに予約状況をきちんと確認しておくのがおすすめです。

また、普段から肌の乾燥予防を徹底し、十分な水分や油分を保っておくことでムダ毛が生えづらい肌に改善していくことが可能です。

乾燥をしていると肌のバリア機能がどんどん弱まってきてしまい、その弱まった肌を守るためにムダ毛が多く、濃く生えさせようと保護機能が働くことになります。

そのため、せっかく脱毛をしていても、肌が乾燥をしていればムダ毛が生えようとする力も強く作用してしまうので、効率よく減らすことができない可能性が出てくるのです。

逆に、しっかりと保湿を行っていればムダ毛が生やす働き自体を弱めていくことができますので、施術の効果をアップさせることに期待ができます。

施術前後のケアだけではなく、日頃からお風呂上りなどにローションやボディクリームを利用して、潤い肌をキープさせることを心がけてください。

さらに、施術を受けている間は日焼けをしないように注意することも非常に重要になります。

というのも、メラニン色素に反応させることで毛根にダメージを伝えるという光やレーザー脱毛の場合、肌まで黒くなってしまうと照射された光が分散され、ムダ毛にのみ集中して熱が伝わりづらくなってしまうからです。

照射の際の肌への刺激まで強まってしまうので痛みを感じやすくなりますし、安全のために出力を抑えなければなりません。

当然、出力が抑えられれば脱毛効果も下がってしまいますし、あまりにも肌が黒いと施術自体お断りされてしまうことがあります。

ですから、施術中は必ず日焼けをしないように、紫外線対策を万全にして白い肌をキープしておかなければなりません。

夏場になると暑さで露出をしたくなりますが、満遍なく日焼け止めを塗ったり帽子や日傘などを用いてくれぐれも焼かないように気をつけておきましょう。

肌とムダ毛との色の差が大きくなれば、毛根へのダメージも効率よく与えられて脱毛効果が上がりますし、少しの我慢です。

このように、脱毛効果をアップさせられる方法を知っておけば、ちょっとした心がけだけでより綺麗に、かつ完了するまでの期間を短縮させることを期待できるようになります。

同じであれば少ない回数で早くツルツルの肌を手に入れたいものです。

施術でしっかりと毛根にダメージを与え、ムダ毛が生えづらくなるように日頃から対策を行い、賢く脱毛をしていきましょう。

SNSでもご購読できます。